Motoi Sakuraba 〜MOTION〜
Text Size :  A A A
|  ★Clip  |  ★profile  |  ★about site  |  ★Contact  |  ★Link  |  
Img_82900b11dc8f9cc4da92b765059bfa83
今日は青山スパイラルホールにて、ダークソウル2の新作発表会が行われて、ピアノの生演奏をしました。

なんといっても、大雪の悪天候。
開催されるのかどうか、心配でしたが、
美しいムービーにのせたピアノの演奏は
感動的でした(≧∇≦)

いち早くみなさんにその様子をお届けしようと思っていましたが、東名高速が通行止めで、帰ることができず、
本日は、ここまで!m(._.)m
あす、夕方に詳しいレポートを載せたいと思いますので、楽しみにお待ちください!(^O^)!
ローズピアノの部品が届いたので
早速交換することに・・・

Img2a20090523222108
これが部品なのですが
下の細い方の棒を、フェルトのハンマーでたたいて音が出ます。

細い棒についている、二つの小さなコイルで
音程の微調整をします。

細い棒は直径3mm程度なので
ちょっと強くひいてしまうと
ひびが入ってしまい、音程が狂ってきます。

そして、ばきっと棒がおれてしまいます。

気をつけていても、つい、力がはいってしまい、
かれこれ十数個・・・

今度は気をつけたいと思います・・・。
最近はサンプリング音源などで
さまざまなものがでていますが、
やはり、本物の音色にはかなわないということを
実感します。

しかし、古い機材はなかなかいい状態で
手に入ることが難しいのですが
幸運な事に、いい機材に出会え
大切に使っています。

Img2a20090514052410
このローズピアノは スーツケース型で
この年代の機種は、ローズの中でも評判がよく
なかなか手に入りません。

鍵盤をたたくと、中のバーをたたいき、
それを拾って音が音が出るのですが、
鍵盤をたたくタッチを間違えると
そのバーが、折れてしまい、
何度も部品を取り換えて使っています。

しかし、やわらかな音色は、ここぞというときに
存在感を出してくれています。

Img3a20090514052410
こちらはレズリースピーカー

中でホーンが回転しますが、
その回転音も味があり、
ハモンドオルガンの音を
迫力あるものにしてくれています。

どちらも存在感のある機材ですが、
一つだけ難を言えば
どちらも大きくて重いので
移動やセッティングに一苦労しています。
追伸

今日 また、ローズのバーが折れてしまいました・・・。
予知blogになってしまった・・・。

部品がなかなか手に入らないので
苦労しますが、なんとかなりそうです。
Img20090510200026
5/2より、初めての試みとなる、ガラスアートとイメージコラージュと絵画と楽曲の
コラボレーション展ということで、「forest of glass」展を開催していました。
森をイメージしたディスプレーも面白くできていたと思います。

開催中、ファンの方もおいでくださったということで、
たまたま在廊していた時にご挨拶できた方もいらっしゃいました。
普段はなかなかこういうことがないので、いろいろな質問など頂き
自分も楽しい時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

このギャラリーでは、こうした形でまた続けていけたらいいなと思っています。
機材なども常時展示していますので
機会がありましたら、ぜひ訪ねてみてください。

さて、近況ですが、
最近はドラムを入れる作業が続き
相当体力を使っていますが
自分でできないのは悔しいので
難しくても、そのままの早さで
リアルタイムに入れています。
Img2a20090510200026
一番最初に手にした楽器は
子ども用のおもちゃのドラムセットでした。

物心つくかつかないかのおぼろげな記憶ですが
とても楽しかったような思い出があり・・
今も興味は尽きず、チャレンジしていますが

難しい曲に苦しみながらも闘っています(笑)

激しい曲では、酸素がほしくなるこの頃です。